ミャンマー政府、タイとの陸路国境での出入国条件を緩和

シェア

タイからミャンマーに陸路で入国した場合、同じ国境チェックポイントから再び出国する必要がありますが、2013年8月28日からはこの条件が緩和され、他の陸路国境や空路で出国することも可能になるようです。

(photo by Dayou_X

タイの地元英字紙ネーション(The Nation)などの報道によると、今回対象となるのは、タチレク(タチレイ)・メーサイ、ミャワディ・メーソート、コートーン・ラノーン、Htee Khee・Sunaronの計4つのタイ・ミャンマー国境。

例えば、タイ側のメーサイから国境を越えてミャンマー側のタチレクに入国した場合、以前であればまたメーサイへ戻る必要がありましたが、新しいルールでは、メーソートやラノーンの陸路国境やヤンゴン、マンダレーといった空路からの出国も可能になります。もちろん、逆に空路で入国し陸路で出国するということもOKです。

タイ・ミャンマー間を陸路で移動しようと思っている旅行者にとっては、今後はかなりルート選択の幅が広がりそうですね。

※過去の例を見ても、タイ・ミャンマー間の国境情勢は両国間の政治状況によってかなり流動的です。事前に大使館や関連機関で最新の情報をチェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク