エアアジア、コタキナバル―コタバル線を新規開設

シェア

格安航空会社のエアアジア(Air Asia)は、2013年11月16日よりマレーシアのコタバルとコタキナバルを結ぶ路線を新規に開設することを明らかにしています。

運航は1日1便で、使用機材はエアバスA320(エコノミー180席)。現在発表されているフライトスケジュールは下記のようになっています。

AK5345 コタキナバル発08:20 コタバル着11:00
AK5346 コタバル発11:25 コタキナバル着14:10

フライト時間約2時間40分という、国内線としてはかなりの長距離路線ですね。

タイとの国境からも近いコタバルのスルタンイスマイルペトラ空港(Sultan Ismail Petra Airport)が東マレーシアと結ばれるのはこれが初めてです。

同空港には現在、エアアジア、ファイアフライ、マリンドエア、マレーシア航空の4社が就航していますが、リージョナル航空のベルジャヤ航空も、近日中にスバン(クアラルンプール)線を開設することを公式サイト上で表明しています。

ベルジャヤ航空、スバン―コタバル線を開設予定

スポンサーリンク