東南アジアの格安航空券検索サイト AirPaz

シェア

格安航空券を探す際に、比較・検索サイトのスカイスキャナー(Skyscanner)を使っている方も多いかと思います。

一度に複数の航空会社の路線・価格を横断的に検索でき便利なのですが、今のところ格安航空航空会社(LCC)にそれほど対応していないのが難点です。

もちろん、エアアジア、ジェットスター、スクートなど検索可能なものもあるのですが、未対応のLCCもかなり多く、LCCメインで探そうとすると思ったような結果が得られないのが現状です。

そこで今回は、東南アジア内のLCCのルートや料金を調べる際に便利なサイト、Airpaz.comを紹介します。

Airpaz

運営しているのはインドネシア・ジャカルタの会社で、そのためインドネシア、マレーシア、フィリピンなど東南アジアのLCC・リージョナル航空会社を幅広くカバーしていているのが特徴です。

特にインドネシアでは、同国主要LCCであるライオンエア、インドネシア・エアアジア、タイガー・マンダラ、シティリンクの全てに対応するほか、ライオンエア系列のバティックエア、スリウィジャヤ航空、レガシーキャリアのガルーダインドネシア航空なども検索対象となっています。

また、マレーシアではエアアジア、エアアジアX、マリンドエア、ファイアフライに対応。

フィリピンでも、セブパシフィック航空、タイガーエア・フィリピン、フィリピン・エアアジア、エアアジア・ゼスト、PALエクスプレスなどが検索できます。

インターフェイスが使いやすく検索速度もかなり速いので、「あそこに路線あったっけかな?」とか、「あの区間の最安値っていくらぐらいだろう?」というようなときには結構重宝しています。

例として、ジャカルタ~クアラルンプール間の検索結果。

Airpazでの検索結果例"
ライオンエアやマリンドエアは20キロまでの受託手荷物が無料ということもわかります。

次に、マニラ~バンコク間。

airpaz3
スカイスキャナーでは未対応のセブパシフィックやタイガーエアも検索対象。希望日前後の料金も一目でわかります。

また月別・都市別の格安航空券情報、Hot Dealも提供されています。

ただ、タイのノックエアやベトナムのベトジェットエアなどには未対応ですし、東南アジア内の一部都市は検索できないなど、サービスを開始したばかりでまだ発展途上という点もあります。今後に期待したいところですね。

現在の対応航空会社は、こちらに一覧が出ています。 

最後に注意点です。

※このサイトでは検索後、直接予約ができるようになっていますが、手数料がかかる上に信頼性の問題もあるので、ここでは検索だけの利用にとどめ、実際の予約は各航空会社の公式サイトで行なうことをおすすめします。

スポンサーリンク