バンコクMRT、パープルラインで日本製の車両を初採用

シェア

タイ・バンコクに新設されるMRTパープルラインの車両や地上整備などのメンテナンスを、JR東日本、東芝、丸紅の3社による共同企業体が行なうことが明らかになっています。

現在バンコクのMRTは、フアランポーン駅~バンスー駅間を結ぶブルーライン1本のみですが、新たに建設されるパープルラインは、このバンスー駅西側に新設されるタオプン駅(Tao Pun)からチャオプラヤー川を越えたバンヤイ地区のクロンバンパイ駅(Khlong Bang Phai)までを結ぶ約23キロの路線で、合計16の駅が設置される予定となっています。

ブルーラインはドイツのシーメンス社製の車両が、BTS(スカイトレイン)の方もシーメンス及び中国企業の車両が使われているので、バンコク都市交通に日本製の車両が導入されるのはこれが初めてですね。

JR東日本の公式アナウンスによると、パープルラインの営業開始は2016年頃を見込んでいるようです。

一方で、既存のブルーラインのほうも現在フアランポーン駅西側への延長工事を行なってる最中で、中華街として知られるヤワラー地区から王宮やワットポーなどのあるラタナコーシン地区を通り、最終的には西部郊外のバンケー地区までを結ぶことになっています。こちらは2015年の開通が見込まれています。

タイのことなので、いつものように営業開始は計画より遅れるとは思いますが、こうしてアクセスが徐々に改善していくのは嬉しいですね。

スポンサーリンク