インドネシア・エアアジア、バンドン―ジョホールバル線に就航

シェア

エアアジア系列のインドネシア・エアアジアは(Indonesia AirAsia)は、2013年12月1日よりジャワ島西部のバンドンとマレーシアのジョホールバルを結ぶ路線を開設することを明らかにしています。

バンドンのフセイン・サストラネガラ空港とジョホールバルのスナイ国際空港が直行便で結ばれるのはこれが初めてです。

運航は日・月・水・金の週4便。発表されている時刻表は以下のようになっています。

QZ151 バンドン発10:00 ジョホールバル着12:50
QZ152 ジョホールバル発13:15 バンドン着14:05

同社は、バンドン発着で現在運行中のデンパサール(バリ)線及びシンガポール線についても同日よりそれぞれ1日1便ずつ増便することも明らかにしています。

スカルノハッタ国際空港同様、このフセイン・サストラネガラ空港も混雑が酷く、現在バンドン東部郊外のマジャレンカ(Majalengka)に新空港を建設しています。

一応、2016年完成予定となっていますが、途中工事が何度もストップするなどしているので、しばらくは現在の空港を使っていくことになりそうですね。

スポンサーリンク