台北のMRT信義線、11月24日に運行開始 1ヶ月間は無料

シェア

台湾・台北捷運(MRT)の新路線、信義線が11月24日(日)の午前6時に開通すると台北捷運及び台北市当局が発表しています。

今回運行が開始されるのは中正紀念堂駅~象山駅までの7駅、6.4キロの区間で、現地報道によると1ヶ月間は運賃無料となるようです。

中正紀念堂からは淡水線に乗り入れ北投まで直通運転されるとのことなので、日本人観光客の利用も多い台北車站駅(台北駅)や中山駅から台北101まで乗り換え無しで行けるようになりますね。

MRT信義線

中正紀念堂 (Chiang Kai Shek Memorial Hall)
↓↑
東門 (Dongmen)
↓↑
大安森林公園 (Daan Park)
↓↑
大安 (Daan)
↓↑
信義安和 (Xinyi Anhe)
↓↑
台北101/世界貿易センター (Taipei 101/Taipei World Trade Center)
↓↑
象山 (Elephant Mountain Station)

信義線の名の通り、東門から東側は信義路の下を通るルートになっています。

これまで市内中心部の東西を結ぶ路線が板南線しかなかった台北捷運ですが、今回信義線ができたことで板南線の混雑緩和にも寄与しそうです。

また、西門駅と中正紀念堂駅を結んでいた小南門線の運転区間も延長され、2つ先の台電大樓まで行くよう運行系統も変更されるとのこと。

来年または2015年には板南線の北側に松山線も開通する予定となっていて、これで台北中心部のMRT路線がほぼ出揃うことになります。

スポンサーリンク