マリンドエア、クアラルンプール―チッタゴン線を開設

シェア

マレーシアの格安航空会社、マリンドエア(Malindo Air)は、2014年1月2日よりクアラルンプールとバングラデシュのチッタゴンを結ぶ路線に新規就航することを明らかにしています。

同航空会社は既に今年8月よりKL―ダッカ線を開設しているので、これがバングラデシュ2路線目となります。

発表されたフライトスケジュールでは、ボーイング737-900ER(ビジネス12席、エコノミー168席)を使い、日・火・木の週3便を運航。時刻表は下記のようになっています。

OD164 クアラルンプール発19:30 チッタゴン着21:10
OD163 チッタゴン発22:20 クアラルンプール着04:00(+1)

現在、チッタゴンのシャーアマーナト国際空港は、ドバイやマスカットなど出稼ぎでの需要の高い中東路線が大部分を占めていて、東南アジアへの直行便はこれが唯一となります。

スポンサーリンク