外国人旅行者の多いアジアの都市ランキング

シェア

イギリス大手市場調査会社のユーロモニター(Euromonitor)が、外国人旅行者の多い都市トップ100を発表しています。

公式な統計の収集に時間がかかるため2012年のデータが使用されていますが、トップは香港、次いでシンガポール、バンコクとアジアの都市がベスト3を占めています。

以下、ロンドン、マカオ、クアラルンプール、深圳、ニューヨーク、アンタルヤ、パリまでがトップ10。

日本国内の都市では唯一東京が36位にランクイン。震災という特殊な事情もあったため2011年からの伸び率では全都市の中でダントツのトップでした。

今回トップ100に入った都市のうち、アジアの都市のみを下記に抽出してみました(順位は世界全体での順位)。

外国人旅行者の多いアジアの都市

順位 都市名
1 香港 香港
2 シンガポール シンガポール
3 バンコク タイ
5 マカオ マカオ
6 クアラルンプール マレーシア
7 深圳 中国
14 広州 中国
15 プーケット タイ
17 パタヤ タイ
18 台北 台湾
20 上海 中国
25 北京 中国
33 ホーチミン ベトナム
36 東京 日本
38 チェンナイ インド
41 杭州 中国
48 ソウル 韓国
50 ムンバイ インド
51 デンパサール インドネシア
52 デリー インド
54 珠海 中国
63 蘇州 中国
66 アグラ インド
67 ジャイプール インド
70 チェンマイ タイ
75 ジャカルタ インドネシア
77 ハノイ ハノイ
79 マニラ フィリピン
80 桂林 中国
82 シェムリアップ カンボジア
99 コルカタ インド
100 南京 中国

(出典:ユーロモニター)

アジアの都市でトップ100入りしたのは32都市。国別に見ると中国から9都市、インドから5都市、タイから4都市がランクインしています。

全都市のランキングや2011年との比較など詳細は下記よりどうぞ。

スポンサーリンク