シティリンク、スラバヤ―クアラルンプール線を新たに開設

シェア

ガルーダ・インドネシア航空子会社のLCC、シティリンク(Citilink)は、2014年4月3日よりスラバヤ―マレーシア・クアラルンプール間の路線を新たに開設すると発表しています。

(Photo by Andrew Thomas)

同社はスラバヤ―ジョホールバル線に今月15日から就航することを明らかにしたばかりで、国際線はこれが2路線目ということになります。

関連記事:格安航空会社のシティリンク、同社初となる国際線を3月に開設

運航は日・月・木・金・土の週5便。使用機材はエアバスA320(エコノミー180席)。現時点での時刻表は下記の通りです。

QG8856 スラバヤ発14:55 クアラルンプール着18:30
QG8857 クアラルンプール発19:00 スラバヤ着20:35

現在、スラバヤのジュアンダ国際空港とクアラルンプール国際空港を結ぶ直行便を運航するのはエアアジアグループ2社(エアアジア、インドネシア・エアアジア)だけですが、ここにシティリンクが加わることで今後は価格競争もはじまりそうですね。

スポンサーリンク