OneTravelの使い方・予約方法

シェア

アメリカの格安航空券予約サイト、OneTravel(ワン・トラベル)がアジア域内の路線でも結構安い料金を出しているので紹介します。

OneTravel : http://www.onetravel.com/

例として、東京発バンコク行き往復(7月1日~8日)の航空券を検索してみます。

検索中の画面。結果が表示されるまで多少時間がかかります。

検索結果。

この時はチャイナエアラインが一番安く、燃油サーチャージ・空港税など込みで約397ドル。

同じような料金で経路・時間帯が異なるものが複数表示されるので、自分の都合の良いものを選択しましょう。

往路: 羽田→台北・松山→(トランジット12時間)→台北・桃園→バンコク
復路: バンコク→台北・桃園→成田

往路に台北で半日過ごしたい方向けですね。

往路: 成田→台北・桃園→バンコク
復路: バンコク→台北・桃園→成田

往路復路共に乗り継ぎは1時間程度。なるべく乗り換え時間が少ないほうがいいという方向け。このときの料金は406ドル(燃油サーチャージ・空港税込み)でした。

フライトを決めたら右側オレンジの「SELECT」ボタンをクリック。予約画面に変わります。

名前、生年月日、性別などを入力。その下はOneTravelが提供する保険(有料)。特に入る必要はないと思います。

料金をもう一度良く確認。397.7ドル。

これでも十分安いのですが、OneTravelでは常に何かしらのプロモーションをやっていて、コード(クーポン)を入力することでさらに5~20ドル程度安くなります。

この時のプロモーションコードは「SAVENOW15」。コードはトップ画面に表示されているケースが多いです。

トップに表示されていない場合は「onetravel promo code」や「onetravel coupon」などのワードでGoogle検索するといくらでも見つかると思います(期限切れのものも多いので注意)。

コードを入力し「Apply」をクリックすると、

392.7ドルになりました。

結局、成田~バンコク往復が総額約4万円(チャイナエアライン利用)で済みました。当然、機内食や預け入れ荷物なども無料ですので、かなり安いのではないでしょうか。

支払いはクレジットカードになります。

クレジットカード情報、住所、メールアドレス、電話番号などを入力。

注意事項をよく読んで、最後に「BOOK」をクリックで予約成立。

完了後、メールが送られてきます。念のためコピーして搭乗日当日に持って行くことをおすすめします。

試しに同じ条件でスカイスキャナーで検索してみると、

安かったのは中国南方航空やベトナム航空利用で4万4千円程度。チャイナエアライン利用便だと約4万8千円で、OneTravelで予約するほうが8千円もお徳でした。

今回は単純往復を検索してみましたが、片道やオープンジョー、周遊・複数都市などでも他よりも安い航空券が見つかることも多いです。

OneTravelを運営するのはFareportalというアメリカの企業で、同社は他にも、CheapOairFarebuzzといった航空券予約サイトを展開しています。

なお、OneTravelではLCCの取り扱いはジェットスターなど一部に限られています。あくまで、レガシーキャリア・フラッグキャリア中心で探す場合ということをご了承下さい。

スポンサーリンク