タイの長距離バス オンライン予約サイト

シェア

先日、マレーシアとシンガポールのバス予約サイトを紹介しましたが、今回はタイについてです。

マレーシアやシンガポールに比べると、タイではバスのオンライン予約はまだそれほど一般的ではありませんが、幾つか代表的なものを挙げてみます。

まずは、今年になって本格的にサービスをスタートさせたサイトから。

12Go.asia (ワンツーゴー・アジア)

12GO Asia

タイとシンガポールに拠点を置く会社で、タイをはじめマレーシアやシンガポールでもサービスを開始しています。

バス以外にフェリーや列車の予約もできるというのが売りのようで、バンコク~サムイ島、バンコク~パンガン島のようにバスとフェリーを組み合わせたジョイントチケットも購入可能。ただ残念ながら、今のところタイ国鉄など鉄道については未対応です追記:2015年よりタイ国鉄も予約可能になっています)。

例として、バンコクからチェンマイまでのバスを検索してみます。トップページから出発地、目的地、乗車日を入力し、”Find Tickets”ボタンをクリック。

各バスごとに、所要時間、運行会社名、出発・到着時間、出発・到着場所、バスの写真、料金などが表示されます。

希望する便を決めたら、”Buy ticket”ボタンをクリック。

名前、携帯電話番号(国番号含む)、メールアドレス、購入枚数を入力し、決済方法を選択。

支払いはクレジットカードまたはペイパル(PayPal)が選べます(どちらか一方の場合も)。また、タイ国内にいるのであればセブンイレブンで支払うことも可能です(予約後3時間以内)。いずれの場合でも若干の手数料がかかります。

予約が完了すると、メールで予約番号の書かれたバウチャー(eチケット)が送られてくるので、あとは乗車時にパスポートと共にそれを提示すればOK。ただし、バス会社によっては印刷したものを要求する場合もあるということなので、念のためバウチャーはプリントアウトしておくと安心だと思います。

サービスを開始したばかりということもあって、今のところ提携しているバス会社が少ない点、特にタイ最大手のトランスポート社に対応していない点が非常に残念ですね。

サイトはシンプルで使いやすいですし、今後タイを中心にカンボジア、ベトナム、ラオスなど東南アジア各国で提携するバス会社・鉄道会社・フェリー会社の数を増やしていくということなので期待したいです。

次に、現在タイで最もポピュラーなバス予約サイト。

Thai Ticket Major (タイチケットメジャー)

http://www.thaiticketmajor.com/bus/bus-tickets-route.php?la=en

バンコク在住者には各種イベントやコンサートのチケット販売会社として有名なタイチケットメジャー(以下TTM)ですが、バスのオンライン予約もやっています。

予約までの手続きが煩雑なものの、上述のトランスポート社のバスを取り扱っているため重宝します。また同社が運行している国際バス路線のうち、バンコク~シェムリアップ、バンコク~プノンペン、バンコク~ビエンチャン、バンコク~パクセーなども予約可能です(いずれもバンコク発便のみ)。

予約にはアカウントが必要、まずは以下で会員登録(無料)をしましょう。

http://www.thaiticketmajor.com/register/index.php?query=&la=en

“Free Register!”をクリックすると、以下のような会員登録画面に変わります。

必要事項を入力。携帯電話番号欄はタイの携帯があればそれを。無い時は、日本の携帯だと桁数が合わないので、例として090-1234-5678の場合、819-01-234-5678というように埋めていけば大丈夫です。

あとは、表示されているセキュリティコードを入力し、”Submit”ボタンをクリック。

しばらくすると確認のメールが送られてきます。メール内のリンクをクリックすることでアカウント登録が完了します。

これで予約ができるようになりました。先ほどのページをもう一度開きログインします。登録したメールアドレスとパスワードを入力し、矢印を右にスライドさせ”Log in”ボタンをクリック。

ログインが完了したので、以下のページで路線を選択。目的地は地図から選ぶこともできます。

http://www.thaiticketmajor.com/bus/bus-tickets-route.php?la=en

往復または片道、出発地・目的地、乗車日時を決め、”Search”ボタンをクリック。

例として、バンコクからチェンマイまでのバスを検索してみると、以下のような結果に。

路線、運行バス会社、バスのタイプ、料金、出発時間、残り座席数などが表示されています。

希望する便を選び、画面右下の”Seating Plan”をクリック。座席選択画面に変わります。

希望する座席をクリックして選び、”Payment”ボタンを押します。

確認画面が表示されます。30バーツで加入できるという保険の選択欄があるので、必要なければ”Do not want to buy Tour Sure”をクリック。

ここまでくればあと少し。名前、電話番号などを確認し、”Save”ボタンをクリック。これで予約が確保されました。

あとは決済方法の選択です。クレジットカードのほか、タイにいるのであればTTMの各窓口またはセブンイレブンでも支払うことが可能です。いずれの方法でもTTM側の手数料としてチケット代金に加え20バーツが加算されます。

今回はオンライン決済(クレジットカード)を選択。クレジットカードの場合、取り扱い手数料が3%かかります。左側の”Pay Online”ボタンをクリックすると、銀行の決済画面に変わります。

カード情報を記入し、料金などの間違いが無いか再度確認。最後に支払いをして下さい。

決済が完了すると、バウチャーがメールで送られてきます。

バウチャーは事前にバスチケットに交換する必要があります。TTMのカウンターやバンコク市内の主要バスターミナルなどで交換でき、その際にはバウチャーに加え、パスポートと決済に使用したクレジットカードを提示します。ロケーションの詳細や営業時間については以下を参照してください。

http://www.thaiticketmajor.com/outlets_eng.php

サイトがややわかりにくい点、バウチャーをバスチケットに交換しないといけない点などがマイナス点ですが、取り扱っている路線が多いのは魅力です。

以下の2つは各バス会社が独自で提供している予約サイトとなります。

Nakhonchaiair (ナコンチャイエア)

タイで最も評判の良いバス会社のひとつ(関連記事)。インターネット予約にも対応しています。支払いはクレジットカード。今のところバンコク~タイ北部、バンコク~タイ東北部が中心で、プーケットやハジャイなど南部方面への路線はないので注意が必要です。

http://www.nakhonchaiair.com/main.html

上記ページ左側の”Online Ticketing”をクリック。以下のようなタイ語の画面が表示されます。

右上のアメリカ国旗をクリックすると英語表示に変わるので、内容を読み、”I Accept”にチェック。最後に”OK”ボタンを押します。

例として、バンコク(モーチット)発チェンマイ行きのバスを検索。

画面右側で、片道か往復、出発地(Mohchit)、目的地(Chiang Mai)、乗車日、乗車人数を選び、黄色の”Payment”ボタンをクリック。

該当する便が表示されました。希望するものを選びチェックを入れ、”Continue”ボタンをクリック。

パスポート番号、名前、携帯電話番号、メールアドレスを入力し、”Continue”ボタンをクリック。座席選択画面に変わります。

希望する座席を決めクリック。さらに食事付きの場合、ノーマル、ベジタリアン、ハラルフードの中から選べます。最後に一番下の”Payment”ボタンを押すと、決済画面に。

料金をよく確認し、カード情報を入力。最後に”PAY NOW”ボタンをクリック。これで支払いが完了します。

バウチャーは必ずプリントアウトし、乗車当日に持参するようにして下さい。

Transport Co.,Ltd (トランスポート社、ボーコーソー)

http://www.transport.co.th/

既に上記で何度も登場しているタイ最大手のバス会社。タイ語では一般に頭文字をとってボー・コー・ソー(บขส)と呼ばれます。国営企業でタイ全土に路線を持ち、存在感は圧倒的。そのため、地方ではボーコーソーというとバスターミナルそのものを指す場合も。

実は下記のように独自のオンライン予約サイトも持っているのですが、タイ語表示のみ、さらに支払いはタイ国内のセブンイレブンでということで日本人が利用するのにはかなりハードルが高いです。

http://www.busticket.in.th/

現状、トランスポート社のバスをインターネットで予約する場合、上記タイチケットメジャーを使うのが無難だと思います。今後12Go Asiaが対応してくれると、購入方法も楽で便利になるのですが。

スポンサーリンク