ラオス国営航空 ビエンチャン―ルアンパバーン QV111便 搭乗記

シェア

ラオスの首都ビエンチャンから世界遺産の街ルアンパバーンまでラオス国営航空の国内線QV111便を利用しました。

泊まっていたマノロムホテルでタクシーを頼み(10ドル)、フライト出発の約1時間前に空港に到着。国内線利用の場合、古いほうのターミナルに向かいましょう。

ワッタイ国際空港の国内線ターミナル
ワッタイ国際空港の国内線ターミナル。

ラオス国営航空のチェックインカウンター

チェックインカウンターはまだガラガラ。ただ、自分がちょうど手続きを終えた頃、フランス人の団体が到着し下記のような状態に。

チェックインカウンターの列
ぎりぎりセーフ。

出発便案内

この日の国内線出発便は全部で7便。ルアンパバーン以外では、ウドムサイ、ルアンナムター、パクセー、フアイサーイ(フエサイ)行きがあるようです。

ラウンジ、Wi-Fiの看板

ラウンジ、Wi-Fiなどと書かれた看板を見つけ、搭乗まで時間もあるということで2階へ行ってみます。

雑貨屋兼食堂
しかし、朝だったためかラウンジはやっておらず、ラオスの街中でよく見かけるような雑貨屋兼食堂のみ営業中。

フーを食べ時間をつぶしたあと、再度1階へ降りると長蛇の列が。国内線ですが一応搭乗ゲート前に保安検査があり、パスポートをチェックされます。

ターミナル内の様子

乗客1人に付き数分もかかっているような状態でなかなか前に進まず、行列は伸びるばかり。このままだと出発時間に間に合わないのでは、と思い始めた頃、突然ペースアップ。それまでなぜそんなに時間がかかっていたのかは不明。

搭乗待合室
無事、搭乗待合室に。

搭乗ゲート
ほぼ定刻どおりに搭乗開始。

バスに乗って飛行機まで移動します。そもそもこの国内線ターミナルにボーディングブリッジはありません。

バス
バスは場違いなほど立派。

現在、ラオス国営航空はビエンチャン~ルアンパバーン間を1日3便運航。昼と夕方の便はエアバスA320を使っているのですが、この朝の便だけはより小型のプロペラ機(ターボプロップ)による運航です。

ラオス国営航空のATR72型機
ラオス国営航空のATR72型機。

機内の様子
機内はほぼ満席。件のフランス人のほか、中国人もちらほらと。

シートポケットと機内誌
シートはブルーの革張り。シートポケットが上部に付いているタイプで機内誌もそこに。

機内設備

シートベルトに加えて電子機器類のサインもあり、かなり新しそうな機材です。後で調べてみると、今年6月にデリバリーされたばかりとのこと。

乗客も全員揃い、予定より10分ぐらい早く動き出します。天気も良く、離陸もスムーズ。水平飛行後に水と軽食のサービスがありました。

水とドライフルーツ

このダオフード(Dao Food)のドライフルーツ、ビエンチャンやルアンパバーンでもよく見かけますが、結構おいしくラオス土産としてもおすすめです。

飛行中も至って穏やかで、予定よりも20分近く早めにルアンパバーン空港に到着。出発地と同様こちらも天候は良好。

客室乗務員
客室乗務員。

男性客室乗務員
この便には男性のキャビンクルーも乗務。

荷物搬送の様子
機外に出ると、既に荷物を搬出中。

ルアンパバーン国際空港
ルアンパバーン国際空港。

新しいターミナルになってからははじめての利用です。ターミナルへは徒歩で。

タクシーチケットカウンター

空港からルアンパバーン中心部まではタクシーで5万キープ(200バーツ)。バーツ、ドルも普通に使えますし、空港にはATM・両替所もあるので心配はいりません。

スポンサーリンク