ノイバイ空港からミニバスを利用してハノイ市内へ

シェア

先日、ハノイのノイバイ空港から市内中心部へ向かう際にミニバスを利用したので紹介します。

空港からタクシーで行く場合、以前あった定額制タクシーは廃止されたようで、現在はメータータクシーのみになっています。そのため、市内中心部までは40~50万ドン程度は見ておく必要があると思います。

今回は1人だったということもあって2,000円以上も払うのはもったいないと思い、ミニバスを使ってみました。運賃は4万ドン。そこからタクシーを拾うことを考えてもかなり安くあげることができます。

乗り場は空港ターミナルを出て右手。下のような看板が見えてくるのですぐにわかると思います。

ノイバイ空港のミニバス乗り場
ミニバス乗り場。運賃4万ドンとの表示も。

ハノイ市内行きのミニバス
車両はミニバンタイプ。ベトジェットエアのラッピングがされているが、もちろん誰でも利用可能。

満員にならないと出発しないため、時間帯によってはかなり待たなければいけない点には注意が必要です。

車内の様子
車内の様子。

この時も自分が乗車してから約20分経ってようやく出発。数えたら27人も乗っていました。利用者は地元ベトナム人、外国人旅行者が半々ぐらい。ハノイ在住と思われる日本の方も数人見かけました。

走行ルートは、空港を出ると北タンロン・ノイバイ道路を一路南下。タンロン工業団地横を通り、タンロン橋でホン河(紅河)を渡りさらに直進。その後は、下記地図のように、ファムバンドン通り~ホアンクオックヴィエット通り~グエンヴァンフェン通り~グエンカイントアン通り~キムマー通り~グエンタイホック通り~レドゥアン通り~チャンニャントン通り~クアンチュン通りという順路でした。

途中目立つランドマークとしては、、タンロン工業団地、ハノイ・デーウーホテル、ロッテセンター、ハノイ駅、ニッコーホテル、トンニャット公園のサーカスなど。

出発から1時間10分後にクアンチュン通り沿いのベトナム航空オフィスに到着。各ホテルまで行ってくれるケースもあるようですが、この時はここまでとのこと。その後タクシーを捕まえ、約4万ドンで旧市街のホテルまで行くことができました。

時間的にはミニバス出発まで20分、市内までの所要時間が1時間10分、さらにタクシー7,8分という感じで合計1時間40分ほどかかりました。空港からタクシーで直接ハノイ市内中心部まで向かう場合は40~50分程度でしょうから、急ぐ方にはおすすめできませんね。

但し、かかった料金はミニバスとタクシーをあわせて計8万ドン(約400円)とかなり節約することができました。

スポンサーリンク