ノックスクート、2015年3月より成田、関空に就航予定

シェア

タイの格安航空会社、ノックスクート(NokScoot)が2015年3月よりバンコク・ドンムアン空港発着で成田、関空、ソウル・仁川、中国・南京などに順次就航するようです。

現地航空関連サイトなどの情報によると、まずはバンコク~成田線を3月1日に開設、次いでバンコク~関空線を3月8日(または7日)に開設するとのこと。

使用機材は新たに導入したボーイング777-200で、成田線は1日1便のデイリー運航、関空線は月・水・金・日の週4便。フライトスケジュールは以下の通りとなっています。

バンコク⇔成田
DMK00:35 NRT08:35
NRT09:45 DMK14:00

バンコク⇔関空
DMK16:20 KIX23:50
KIX01:00 DMK05:30

この時刻表を見ると、成田・関空共に、タイ・エアアジアXとよく似た時間設定であることがわかりますね。また、日本路線以外では、ソウル線が3月17日、南京線が3月31日就航となるようです。

近日中に予定されている正式発表の際には当然格安なプロモーション料金も出るでしょうから、来年3月以降にバンコク行きを計画している方は、それを待ってみるのもひとつの手だと思います。

追記:日本路線の便名はまだ明らかになっていませんが、ノックスクートの2レターコードはXWになるようです。また、定期便就航前にタイからのインバウンドチャーターで日本にやってくることが決まっていて、初便は12月23日午前9時に成田空港到着予定。年末年始にかけて計4便が計画されています。まずはチャーター便からというのもタイ・エアアジアXと同じパターンですね。

スポンサーリンク