ホーチミンで81階建ての超高層ビル、 Landmark81の建設がスタート

シェア

ベトナムのホーチミンでランドマーク81(Landmark81)という超高層ビルの建設がスタートしたようです。

同国不動産大手のVingroupが手がける物件で、完成時には高さ350メートルとなってハノイのランドマーク72を抜いてベトナム最高層のビルとなるとのこと。

地元メディアTuoi Tre Newsなどの報道によると、ランドマーク81は、サイゴン川河畔で開発が進む大規模高級住居エリア、ヴィンホームズセントラルパーク(Vinhomes Central Park)のコアとなる建物で、館内79階には展望フロアが設けられるのをはじめ、ホテル、サービスアパート、ショッピングモール、飲食店などが入居する予定。

完成は3年後の2017年末。

ホテルは同じグループのヴィンパールホテル(Vinpearl Hotel)が入ることが既に決まっていて、総客室数450室を誇る市内でも有数の高級ホテルが誕生することになります。同ブランドはニャチャンダナンフーコック島に次いで4軒目。ホーチミン市内は初進出です。


ロケーションは市内中心部東側のビンタン区。

ホーチミン市内では地下鉄の建設も進んでいますし(関連記事)、国営百貨店跡の立地も超高層ビルが計画されているなど、今後市内の風景も大きく変貌していきそうですね。

ビテクスコ フィナンシャル タワー
現在のホーチミン最高層ビル、ビテクスコ・フィナンシャル・タワー。

東南アジア内の超高層建築については以下の記事も参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク