台湾の入国カードの記入・提出が7月1日よりオンラインでも可能に

シェア

台湾に入国する際に必要な入国カードが事前にオンラインで記入・提出することができるようになるそうです。

出入国を管理する内政部移民署の公式サイトで発表されているもので、対象となるのは7月1日以降に台湾に入国する旅行者。

https://oa1.immigration.gov.tw/nia_acard/acardAddAction.action

もちろん、7月以降も通常の紙の入国カードを使うこともできます。

エバー航空によるアナウンスを見ると、このオンラインアライバルカードは台湾内のどの空港・港から入国する場合でも有効なようです。

記入内容は名前、生年月日、パスポート番号、利用便名、到着日、職業、旅行目的、宿泊先ホテル名などでこれまで通り。但し、記入に不備がある場合は、入国時に改めて紙の入国カードを記入しなければならないケースもでてくるようなので注意が必要です。

データを送信するだけで特に印刷したり持参する必要もないとのことですが、ちゃんと登録されているのか何となく不安もありますね。

とりあえず、次回台湾に行く際に試してみようと思います。

2015年7月3日追記: 台湾のオンライン入国カードを使ってみました

スポンサーリンク