ドンムアン空港ではチェックイン前に機内持ち込み手荷物もX線検査が必要に

シェア

バンコクのドンムアン空港は、チェックイン前に行う荷物のX線検査で機内持ち込み手荷物も対象とすることを明らかにしています。

(2015年7月21日追記: タイ空港公社は7月20日をもって元の検査体制に戻すことを発表しています。

ドンムアン空港

タイ空港公社(Airport of Thailand)がfacebook上で明らかにしているもので、既に7月17日より実施しているとのこと。

以前は受託手荷物だけでよかったのですが、今後は搭乗手続き前に荷物全てをチェックインカウンターエリア入口に置かれたX線検査機に通さなければならなくなりました。

チェックインの際にこれまで以上に時間がかかることが予想されるため、ノックエアなどドンムアン空港を使用する航空会社の一部は、国内線の乗客は2時間半前に、国際線の乗客は3時間半前に空港に着いているようアドバイスを出しています。

現時点でこのキュリティーチェックが実施されているのはタイではドンムアン空港のみです。

スワンナプーム空港は日本の主要空港と同様に、搭乗手続き後に自動的に検査するシステムを採用しているため、チェックイン前のX線検査は行なっていません。

不法な行為を防ぐためというのが新方式導入の理由のようですが、先日、タイ警察元幹部が出発地であるタイでの検査をスルーして、日本に拳銃を持ち込んでいた事件がありましたが、これも影響しているのでしょうか?

スポンサーリンク