バンコクの本格的コーヒー店、Pacamara(パカマラ)

シェア

バンコクで美味しいドリップコーヒーが飲める店があるということでPacamara(パカマラ)というコーヒー店に行ってきました。

場所はスクンビット通りのソイ47入口近くに建つコミュニティモール、レインヒル(Rain Hill)内。

スクンビット通りにあるレインヒル
レインヒル。

レインヒル内の様子
rain hillという名前だけあって、館内は緑が溢れる。

Pacamaraがあるのはその2階。

店内の様子
こじんまりとした店内の様子。

メニュー
メニュー。エスプレッソからタイスタイルのコーヒーまで一通り揃う。

料金は使用する豆の種類や量によっても異なりますが、1杯70バーツ~100バーツ程度。せっかくなので、タイ産の豆を使用したコーヒーを飲みたいとリクエスト。

タイ産アラビカ種
チェンラーイ産アラビカ種100%のブレンド(シングルオリジンではない)を勧められたのでそれをオーダー。

ドリップ中
丁寧にドリップしてくれます。

このバリスタ、日本語もある程度話すことができます。タイのコーヒー豆の品種や最近のコーヒー事情について、日・英・タイ語を交えながら色々教えて頂きました。

ドリップコーヒー
雑味がなく非常にクリアな味わい。後味は若干の柑橘系の香り。

タイのコーヒー豆ってアラビカ種でもイマイチ風味に欠けるものが多いのですが、これはブレンドが絶妙なのか扱っている豆のクオリティが高いのか、かなり美味しかったですね。

Pacamara店内の様子
「期待に添えなければ新たに作り直します」という言葉からもこだわりと真摯な姿勢が感じられる。

他のカフェへの卸しも行なっているだけあって、店内では世界各地から取り寄せた様々なコーヒー豆の販売もしています。

ブラジル・サンタイネスのコーヒー豆
自分もブラジル・サンタイネス農園のイエローブルボン種の豆を購入。

Pacamaraは元々チェンマイ発祥のコーヒーロースターとのこと。現在チェンマイで2店舗、バンコクで2店舗の計4店舗を展開中(バンコクはここ以外にはチュラローンコン大学医学部の図書館内)。さらにシンガポールにも1店舗あるとのことでした。

facebookPACAMARA
営業時間: 月~木9:00~21:30、金~日8:00~21:30
電話番号: 02 261 7830


地図。

スポンサーリンク