LCCのマリンドエア、クアラルンプールを発着する5路線を増便

シェア

格安航空会社のマリンドエア(Malindo Air)は、今月から来月にかけクアラルンプール国際空港(KLIA2)を発着する5路線を増便することを明らかにしています。

対象となるのは国内線3路線(コタキナバル、ランカウイ、クチン)及び国際線2路線(バリ、ジャカルタ)。

コタキナバル線とクチン線は5日より増便済み。ランカウイ線は9月18日より、バリ線とジャカルタ線は10月25日より増便。国際線2路線は共にダブルデイリーとなり、フライトスケジュールは以下の通りです(※印が増便分)。

クアラルンプール→ジャカルタ
OD316 KUL11:25 CGK12:30
OD318 KUL18:55 CGK20:05 ※

ジャカルタ→クアラルンプール
OD315 CGK13:10 KUL16:15
OD317 CGK20:55 KUL23:55 ※

クアラルンプール→バリ(デンパサール)
OD306 KUL09:20 DPS12:20
OD308 KUL16:45 DPS19:50 ※

バリ(デンパサール)→クアラルンプール
OD305 DPS13:05 KUL16:05
OD307 DPS20:40 KUL23:45 ※

新規路線や増便が相次ぎこのところ存在感を増しているマリンドエアですが、ライバルのエアアジアはKL~ジャカルタ線を1日7便、KL~バリ線を1日5便運航していて、この2路線については本数の面ではまだ差がありますね。

スポンサーリンク