インドネシア、ビザ無し入国した場合でもジョグジャカルタ、ロンボク、バンドンなどからの出国も可能に

シェア

インドネシアは今年6月から日本人などに対し観光目的でのビザ無し滞在を認めています。

但し、全ての空港・港が査証免除対象となっているわけではなく、これまでは入国・出国ともに5大空港(ジャカルタ・スカルノハッタ、バリ・デンパサール、メダン、スラバヤ、バタム)及び9海港(ビンタン島やバタム島などの主要港)からに限定されていました。

一昨日、在インドネシア大使館は入国・滞在情報を更新し、ビザ無しで入国した場合の出国についての規制が緩和され、29空港、88海港、陸路国境7か所から出国することが可能になったことを正式に明らかにしています。

現在国際線の定期便が就航している空港をはじめ、主要な地点ほぼ全て網羅しているという感じですね。これはあくまでも出国ポイントで、入国については条件の変更はないので、お間違いなく。

これでビザ無しでも、ジャカルタINバンドンOUTやデンパサールINロンボクOUTといったルートを選択することもできるようになり朗報ですね。

詳細については以下よりどうぞ。

スポンサーリンク