ミャンマーナショナル航空、来年1月末よりヤンゴン―台北線を開設

シェア

ミャンマーナショナル航空(Myanmar National Airlines)は、2016年1月26日よりヤンゴンと台湾の台北を結ぶ直行便に就航すると発表しています。

運航は火・木・土の週3便で使用機材はボーイング737-800型機。既に航空券も発売開始され、フライトスケジュールは以下のようになっています。

ヤンゴン⇔台北 (2016年1月26日~)
UB005 RGN08:00 TPE13:25 火・木・土
UB006 TPE14:25 RGN17:20 火・木・土

ヤンゴン~台北間を運航するのはチャイナエアラインに次いで2社目。

現在ミャンマーナショナル航空による国際線はヤンゴン~シンガポール線の1路線のみですが、今週末の12月4日よりヤンゴン~香港線(関連記事)に、12月18日からはヤンゴン~チェンマイ線(関連記事)に就航する予定となっています。

The Return to Hong Kong

Posted by Myanmar National Airlines on 2015年11月25日

ミャンマーナショナル航空は1948年に創設されたビルマ連邦航空(Union of Burma Airways)の流れをくむ航空会社ということで、その時代を含めると、香港線開設は1972年以来43年ぶりとなるのだそうです。

スポンサーリンク