エアアジアグループ、エアバスA320に新しい薄型シートを導入

シェア

格安航空会社のエアアジアグループは同社が保有するエアバスA320型機に、イギリスMirus Aircraft Seating社製の薄型シートHawkを採用すると発表しています。

Mirus Aircraft Seating

一般的な座席よりも約40%薄く、軽量化されているのが最大の特徴。シートリクライニングの角度は最大10度。

現在使用中のエアバスA320と今後導入予定のエアバスA320neoに順次採用していくとのこと。

スリム化されることで足元スペースは広くなるでしょうから、窮屈さはこれまでのシートよりも多少は軽減されそうですね。

現在のシート
エアアジアの現在の座席。

新しいシートについての詳細は下記よりどうぞ。

スポンサーリンク