シンガポールのブギス地区にメルキュールホテルが開業

シェア

シンガポール中心部のブギス地区にフランス・アコー系列のホテル、メルキュール(Mercure)が開業しています。

ロケーションはミドルロード沿いで、大型ショッピングモールのブギスジャンクション(Bugis Junction)のすぐ西側。


最寄駅であるMRTブギス駅やブラスバサー駅までは徒歩7~8分。

総客室数は395室。部屋タイプはスタンダードダブル(15m²)、スタンダードツイン(16m²)、スーペリア(22m²)、ロフトダブル(23m²)、エグゼクティブロフト(25m²)、エグゼクティブスイートの全6種類となっています。

シンガポール中心部という立地のため、各部屋共にコンパクトな造りですが、室内にはフリーWi-Fi、ワークデスク、セイフティーボックス、液晶テレビなどを完備。

飲食施設はレストラン、バー、プールバーの3か所。またその他のファシリティとしては屋外プール、フィットネス、ミーティングルームなどを併設しています。なお、プールとフィットネスジムについては現在最終工事段階で、6月24日から利用可能となるとのこと。

豪華さはないものの必要な施設は一通り揃っているのでブギス周辺での宿泊を考えている方にはもってこいのホテルではないかと思います。試しに料金を調べてみると、現在1泊15,000円程度ででていますね。立地や設備を考えるとリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

詳細: メルキュール シンガポール ブギス(Mercure Singapore Bugis)
住所: 122 Middle Road, Singapore 188973
電話: +65 6521 6088

シンガポールにおけるアコーグループのプロパティはこれが8軒目となります。他の7軒については以下の通りです。

関連記事: シンガポール東部のマクファーソン・ロード沿いにイビススタイルズがオープン

スポンサーリンク