東南アジアの国別人気コーヒーチェーンランキング

シェア

イギリスの経済紙フィナンシャル・タイムズ(The Financial Times)が東南アジア5か国(タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)で、好きなコーヒーチェーン店について尋ねた調査結果を発表しています。

それによると、全ての国で5位までに入ったのはスターバックス(Starbucks)とコーヒービーン&ティーリーフ(The Coffee Bean & Tea Leaf)の2店。

特にスターバックスは今のところ東南アジアで圧倒的に人気が高く、ベトナムを除く4か国ではいずれもトップにランキングされています。国別の上位3つは以下のような結果に。

タイ

  1. スターバックス 32%
  2. マックカフェ 11%
  3. コーヒーワールド 7%

マレーシア

  1. スターバックス 38%
  2. シアトルズベストコーヒー 20%
  3. マックカフェ 19%

インドネシア

  1. スターバックス 32%
  2. J.COドーナツ&コーヒー 30%
  3. ダンキンドーナツ 13%

フィリピン

  1. スターバックス 45%
  2. ダンキンドーナツ 17%
  3. マックカフェ 14%

ベトナム

  1. チュングエンコーヒー 49%
  2. ハイランズコーヒー 26%
  3. コーヒービーン&ティーリーフ 7%

(出典:Financial Times 各国1,000人にアンケート。複数回答も可能)

歴史的な経緯もあって米系コーヒーチェーンの進出が遅れたベトナムでは、依然ローカルチェーンの存在感が高いのが目立ちますね。

ベトナム以外のローカルチェーンで5位までにランク入りしたのは、タイのコーヒーワールド(Coffee World)、フィリピンのボーズコーヒー(Bo’s Coffee)、インドネシアのJ.COドーナツ&コーヒー(J.CO Donuts & Coffee)及びコピティアム(KOPITIAM)の4店となっています。

全調査結果及び詳細についてはフィナンシャル・タイムズの以下の記事よりどうぞ。

スポンサーリンク