KTMコミューターのマレー半島北部路線、9月よりタイピン及びパダン・レンガスに乗り入れ

シェア

マレーシアの電車KTMコミューター(KTM Commuter)のサービス区間が9月1日より拡大されます。

KTMコミューター路線図
マレーシア鉄道公社公式サイトより

現在、バターワース~カムンティン間で運行しているライン1を南に延長し、新たにタイピン駅とパダン・レンガス駅に乗り入れ。これによって9月以降の北部区間は下記2ルートで運行されることになります。

ライン1: ブキッ・メルタジャム~パダン・レンガス
ライン2: パダン・ブサール~ バターワース

ライン1は1日11往復(うち1往復はバターワース発着)、ライン2は1日14往復というスケジュール。

KTMコミューターは元々はクアラルンプール近郊路線のみで走っていましたが、昨年からバターワースやパダンブサールなどのマレー半島北部エリアでも運行されています。

時刻表詳細はマレーシア鉄道公社の以下のページよりどうぞ。

KTM BERHAD – NOTIS – JADUAL TREN & JADUAL TAMBANG KTM KOMUTER PADANG RENGAS – BUKIT MERTAJAM (PDF)

スポンサーリンク