タイ国鉄とカンボジア国鉄の線路が遂に連結 来年初頭にはタイ~カンボジア間の鉄道が運行開始予定

シェア

昨年から工事が進められていたカンボジア国鉄プノンペン~ポイペト線の鉄道復旧工事ですが、このほどポイペトにおける線路の敷設が完了し、タイ国鉄の線路との連結が完了したとのことです。

昨日、カンボジア・タイ友好鉄道橋においてセレモニーが行われ、その様子がカンボジア公共事業運輸省(Ministry of Public Works and Transport)のfacebookページに掲載されています。

タイ・カンボジア友好鉄道橋
カンボジア公共事業運輸省facebookページより

カンボジア政府は今後バッタンバンまでの区間の線路の補修工事を始め、さらにその後プノンペンまでを行うということで、プノンペン~ポイペト間の全線の工事が完了するのはまだしばらく先のことになりそうです。

地元英字紙プノンペンポストの記事によると、タイ~カンボジア間の鉄道開始は2016年末あるいは2017年初頭を予定しているとのこと。当初は、タイからポイぺトあるいはバッタンバンまでの運行となると思いますが、将来的にはバンコク~プノンペン間が鉄道で結ばれるわけで、そうなったらぜひ乗車してみたいですね。

なお、現在カンボジア国鉄ではプノンペン~シアヌークビル線のみを週末限定で運行しています。詳細は以下の記事よりどうぞ。

関連記事プノンペン~シアヌークビル間の鉄道 時刻表・運賃など

スポンサーリンク