カンボジアのeビザ公式サイトがリニューアル

日本人がアンコールワットなどカンボジアを訪れる場合はビザ(査証)の取得が義務付けられています。

観光ビザについてはオンラインで取得することもできるのですが、その公式サイトがリニューアルされていますね。

カンボジアeビザ公式サイト

eビザ申請公式サイト: https://www.evisa.gov.kh/

初期画面では英語になっているものの、右上のドロップダウンメニューでJapanを選択すれば日本語にも変更可能。日本語が怪しい箇所は幾つかありますが大きな支障は無く、英語ページよりはわかりやすいと感じる方もいるのではないでしょうか。

実際に申請する場合はApplication(日本語ページでは「応用」)という箇所をクリックして、あとは表示されているセキュリティ番号、顔写真画像、個人情報、パスポート情報などを入力・アップロードしていくだけ。

個人情報入力画面
個人情報入力画面

これまでと大きな違いはないです。料金もシングルエントリーの観光ビザが手数料込みで36米ドルと変わらず。

eビザは入国できるポイント・国境が限定され、現時点(2017年5月22日)では以下の空路2か所・陸路3か所の計5か所に限られているという点にはご注意下さい。

  • シェムリアップ国際空港
  • プノンペン国際空港
  • ココン(タイ側:ハートレック)
  • ポイペト(タイ側:アランヤプラテート)
  • バベット(ベトナム側:モクバイ)

eVisa Kingdom of Cambodia – Port Entry Information

先日、エアアジアがクアラルンプール~シアヌークビル線の定期路線を8月9日に開設することを明らかにしましたが、現状シアヌークビル空港からカンボジアに入国する場合にはeビザは使えません。ただ、同空港は今後さらに国際線が増えていくでしょうから、近いうちに対応可能になるのではないかと思います。

関連記事エアアジア、クアラルンプール―シアヌークビル線の就航を正式発表

なお、カンボジアのビザは各空港や陸路国境で取得することもでき、料金的にもその方が安いため、無理に事前にeビザを取得する必要はありません。