タイ・ベトジェットエア、バンコク―台中線に新規就航

シェア

格安航空会社のタイ・ベトジェットエア(Thai Vietjet Air)はバンコク(スワンナプーム)と台湾の対中を結ぶ直行便を開設すると明らかにしています。

タイ・ベトジェットエア、バンコク~台中線に就航
タイ・ベトジェットエアfacebookページより

就航日は2018年11月3日を予定。現在、台中空港から東南アジアへのフライトはマンダリン航空とベトジェットエアによるベトナム路線(ハノイ、ホーチミン)のみ。タイへの定期便はこれが初めてとなります。

バンコク~台中間の運航は月・水・金・土・日の週5便で、使用機材はエアバスA320(エコノミー180席)。予定されているフライトスケジュールは下記の通りです。

バンコク(スワンナプーム)⇔台中 (2018年11月3日~)
VZ560 BKK09:00 RMQ13:45 月・水・金・土・日
VZ561 RMQ14:30 BKK17:15 月・水・金・土・日

タイ・ベトジェットエアによる国際線はバンコク~ハイフォン線、バンコク~ダラット線に次いでこれが3路線目。まだセールの告知はないものの、公式サイトで検索してみると既に予約はできるようになっていますね。

フライト検索画面
フライト検索画面

ベトジェットエア