タイ・エアアジア、チェンマイ―ヤンゴン線を1月22日より運休

LCCのタイ・エアアジア(Thai AirAsia)は、2019年1月22日よりチェンマイとミャンマーのヤンゴンを結ぶ路線を休止すると発表しています。

タイ・エアアジア、チェンマイ~ヤンゴン線を運休
エアアジアニュースルームより

Travel Advisory: AirAsia flights between Chiang Mai, Thailand (CNX) – Yangon, Myanmar (RGN)

最終フライトは1月19日で、それ以降のフライトを予約している乗客は、日程の変更、バンコク・ドンムアン経由便に変更、次回以降の予約で使えるクレジットアカウント、返金の4つから選択が可能とのこと。いずれも追加費用・手数料はかかりません。

エアアジアグループのクレジットアカウントについては以下を参照して下さい。

クレジットアカウントの使い方を教えてください。

同社がこの路線を開設したのは今年8月なので半年経たずに撤退という形です。運休の理由については不明ですが、1月の旅行シーズン中に取り止めるということは、ピークシーズンにおいても当初予想したほど航空券が売れていなかったのかもしれませんね。

なお、タイ・エアアジアの撤退によりチェンマイ~ヤンゴン間の直行便を運航するのはバンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)とミャンマーナショナル航空(Myanmar National Airlines)の2社のみとなります。