バンコクMRTブルーライン、8月24日にさらに延伸 新駅2駅が開業

バンコクのMRTブルーラインは2019年8月24日に延伸し、新たに2駅が開業すると発表されています。

バンコクMRT facebookページより
バンコクMRT facebookページより

先月末にフアランポーン駅より先の5駅が開業しチャイナタウンや王宮へのアクセスが便利になりましたが、今回さらにその先の2駅が供用開始されます。

関連記事バンコクMRTブルーラインの延伸区間、7月29日に供用開始 9月28日までは無料で乗車可能

これら7駅の運行時間は午前7時~午後9時。スクンビットやシーロム方面から来る場合、フアランポーン駅で乗り換えが必要なのはこれまで通りです。

9月28日までは新駅(7駅)間の移動は無料ですが、フアランポーン駅から乗車する場合は運賃が一律16バーツかかります。



フアランポーン駅 (Hua Lamphong)
↓↑
ワット・マンコーン駅 (Wat Mangkon)
↓↑
サームヨート駅 (Sam Yot)
↓↑
サナームチャイ駅 (Sanam Chai)
↓↑
イッサラパープ駅 (Itsaraphap)
↓↑
ター・プラ駅 (Tha Phra)
↓↑
バーンパイ駅 (Bang Phai)
↓↑
バンワー駅 (Bang Wa)

(※太字が8月24日に開業する駅)

MRTバンワー駅ではBTSバンワー駅との乗り換えが可能。

MRTブルーラインはさらにラックソーン駅までの4駅が今年中に開業する予定となっています。