バンコクのBTSスクンビット線、開業20周年となる12月5日に新たに4駅が開業

バンコクの都市鉄道BTS(スカイトレイン)スクンビット線は、2019年12月5日にカセサート大学駅まで延伸されることが明らかになっています。

バンコクのBTS(スカイトレイン)
バンコクのBTS(スカイトレイン)

ハーイェークラープラオ駅以北の4駅が新たに開業。

モーチット駅 (Mo Chit, N8)
↑↓
ハーイェークラープラオ駅 (Ha Yaek Lat Phrao, N9)
↑↓
パホンヨーティン24駅 (Phahonyothin 24, N10)
↑↓
ラチャヨーティン駅 (Ratchayothin, N11)
↑↓
セーナーニコム駅 (Sena Nikhom, N12)
↑↓
カセサート大学駅 (Kasetsart University, N13)

(※太字が12月5日供用開始予定の駅)



タイ初の都市鉄道としてBTSが開通したのは1999年12月5日。当時運行されていたのはモーチット駅~オンヌット駅間の17駅のみでしたが、それからちょうど20年。BTSスクンビット線の駅数は計36駅へと倍以上に増えることになります。

BTS runs to Kasetsart on Dec 5 – Bangkok Post

5 ธ.ค.นี้ BTS เปิดเดินรถถึง “สถานี ม.เกษตรศาสตร์” คาดผู้โดยสารแตะแสนคน – ประชาชาติ

今年8月にモーチット駅から1駅先のハーイェークラープラオ駅が供用開始され現在試験運行が行われていますが、上記記事によると運行時間が限定されているにも関わらず同駅の1日の乗降客数は3万5千人に達しているとのこと。

BTSスクンビット線は、北方向へはドンムアン空港東側のパトゥムターニー県クーコット(Khu Khot)まで路線が伸びる予定。来年中にはさらに11駅が開業することになっています。