タイマッサージがユネスコ無形文化遺産に登録

コロンビアのボゴダで行われている14回無形文化遺産保護条約政府間委員会で、タイ古式マッサージ、ヌアット・タイ(Nuad Thai, นวดแผนไทย)が無形文化遺産に登録されました。

UNESCO公式サイトより
Nuad Thai, traditional Thai massage – Intangible Heritage – UNESCO

タイの同遺産は昨年登録された仮面劇のコーン(Khon, โขน)に次いでこれが2件目となります。



タイ古式マッサージは元来伝統医療として長年継承されてきたもので、「セン」と呼ばれるエネルギーラインを重視。この流れが妨げられることで身体に不調が生じ、流れをよくすることで健康な状態に近づくというのが基本的な考えになっています。近年は指圧の要素だけでなくストレッチ的な動作も多く含んでいるのが特徴。

バンコク街中のマッサージ店
バンコク街中のマッサージ店

タイマッサージと言いいながら性的なサービスを提供する店も存在し、今回の無形文化遺産入りを危惧する声も一部ではありましたが無事登録にこぎつけた形ですね。

関連リンクタイマッサージ、無形遺産に? 性的サービス横行、脱却できるか

今後タイマッサージを受けに行くときは「無形文化遺産を体験してくる」って言うことにします(笑)。

UNESCOによるタイマッサージ紹介ビデオは以下よりどうぞ。