タイ国際航空、中部発着便及び福岡発着便を減便

タイ国際航空(Thai Airways International)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って需要が減少していることから、中部~バンコク線及び福岡~バンコク線の一部便を運休すると発表しています。

中部国際空港
中部国際空港

現時点で欠航が決まっているフライトは以下の通り。

中部発バンコク行き(TG647便)

3月4日、5日、11日、12日、18日、19日

バンコク発中部行き(TG646便)

3月3日、4日、10日、11日、17日、18日

福岡発バンコク行き(TG649便)

3月2日、5日、9日、12日、16日、19日

バンコク発福岡行き(TG648便)

3月2日、5日、9日、12日、16日、19日

関連リンク中部/福岡発着便および一部国際線、一時運休・減便のご案内



なお、タイ保健省は新型コロナウィルス(COVID-19)に関して日本及びシンガポールからの入国者に対して検疫を強化することを発表しています。

スワンナプーム空港の体温検査エリア
スワンナプーム空港の体温検査エリア

従来の中国、香港、マカオ、台湾に加え、日本とシンガポールからの渡航者及び過去14日以内にこれらの地域に滞在した渡航者に対しても、入国時に空港でスクリーニングが行われ、体温が37.5度以上あり、かつ、咳、鼻水、のどの痛み、頻呼吸、呼吸困難のいずれかを伴う症状がある場合、必ずタイ国内の病院においてウイルスの検査を受けることになりますのでご注意下さい。

関連リンクタイ保健省からの新型コロナウィルスに関する発表 | 在タイ日本国大使館ウェブサイト