タイ、7月の外国人入国者数は約4万人 日本人は1,017人で前月比微増

タイ入国管理局(Thailand Immigration Bureau)が2020年7月の外国人入国者統計を公表しています。

スワンナプーム空港
スワンナプーム空港

それによると、7月1日~31日にタイに入国した外国人は計40,798人。うち、日本国籍者は1,017人で船舶・航空機の乗務員が793人、それ以外は224人となっています。



国籍別の上位10か国は、マレーシア(13,120人)、フィリピン(6,706人)、中国(3,515人)、ミャンマー(1,904人)、インドネシア(1,812人)、インド(1,788人)、オランダ(1,455人)、日本(1,017人)、ベトナム(883人)、韓国(794人)の順。

訪タイ日本人者数は3月より急減し、最少は5月の622人。今年1月~7月の日本人入国者数は以下の通りです。

日本人入国者数推移(2020年)

1月 163,026人
2月 140,568人
3月 29,591人
4月 646人
5月 622人
6月 702人
7月 1,017人

先月末より日本~タイ間では駐在者などビジネス向けの特別便の運航も開始され、現在は東京からバンコクへ週1便程度運航中。

8月の日本人入国者数はさらに増加することは確実ですが、昨年7月にタイに入国した日本人は138,985人(旅行者のみだと134,395人)だったことを考えると、現状は1%にも満たないことになります。

出典Thailand Immigration Bureau