エアポートレールリンク、運賃割引期間を12月末まで延長予定

バンコク市内中心部とスワンナプーム空港を結ぶエアポートレールリンク(Airport Rail Link)は、現在行っているピーク時間帯以外の運賃割引について対象期間を延長するようです。

エアポートレールリンク
エアポートレールリンク

同鉄道を運営するSRTエレクトリファイドトレイン社のステープ社長が明らかにしているもので、現時点では2020年9月末までとなっている値下げ期間をさらに3か月間延長し、12月末までとする予定。

คนกรุงเฮ แอร์พอร์ตลิงก์ลดค่าโดยสารต่ออีก 3 เดือนถึงสิ้นปี คาดปี64ผู้โดยสารทะลุ 200 ล้านคน – Khaosod
“โควิด-19” พ่นพิษ ฉุดผู้โดยสาร แอร์พอร์ต เรล ลิงก์ ลดลง 40% – Thairath



エアポートレールリンクの運賃は乗車区間数によって15~45バーツとなっていますが、割引き後は乗車区間が1駅の場合は15バーツ、2駅の場合は20バーツ、3駅以上では一律25バーツに。

対象となるのは平日(月~金)の以下の時間帯で、尚且つスマートパス(Smart Pass)と呼ばれるICカード乗車券で利用した場合に限定されています。

1. 午前5時30分~午前7時
2. 午前10時~午後5時
3. 午後8時~深夜0時

スマートパス
スマートパス

現在、同鉄道の平日の利用者は1日当たり平均5万7千人。最も利用者の少なかった4月は平均1万5千人程度だったため、だいぶ増加はしたものの新型コロナウイルスの感染拡大前(平日は約9万人)と比較すると依然3分の2程度に留まっています。