スターバックス、来夏ラオスに初進出

コーヒーチェーンのスターバックス(Starbucks)は来年夏までにラオスのビエンチャンに1号店を開店することを発表。

ビエンチャンのパトゥーサイ
ビエンチャンのパトゥーサイ

Starbucks targets new market, in coffee exporting Laos – AP News

ラオス近隣国と同様に香港飲食大手の美心集団(マキシムグループ)による運営で、スターバックスが東南アジアに進出するのはシンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナム、ブルネイ、カンボジアに次いで9カ国目。



ASEAN10カ国のうち残りのミャンマーにも以前から進出計画が報じられていて、将来的には全ての国でチェーン展開することになりそうです。

プノンペンのスターバックス
プノンペンのスターバックス

フランスの植民地だった影響もありラオスはコーヒー文化が根付いており、またコーヒー豆の産地として南部ボラベン高原を抱えるなどスターバックスが進出する素地は十分。現在はシーヌークコーヒーやジョマコーヒーといった地場系チェーンに加え、タイ資本のカフェアマゾンなども人気となっています。