インドネシアへの外国人訪問者数 2011年

シェア

インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省が2011年にインドネシアを訪れた外国人数を発表しています。

全体の訪問者はおよそ720万人で2010年と比べると9.62%のプラスでした。国籍別の上位10カ国とその訪問者数は下記のとおりです。

順位 国・地域名 訪問者数 2010年比
1 シンガポール 1,248,607 +10.60
2 マレーシア 1,037,310 +0.26
3 オーストラリア 886,495 +21.28
4 中国 504,749 +19.75
5 日本 415,088 +2.24
6 韓国 302,184 +7.24
7 台湾 203,536 +6.49
8 アメリカ 194,398 +13.33
9 イギリス 193,934 +3.73
10 フランス 170,532 +7.74

公式発表にはジャカルタ、バリ島など地域別の訪問者数も出ているのですが、それを見ると非常に特徴があることに気付きます。

一番目に付くのは全体では3位のオーストラリアが、ことバリ島のみに限るとダントツのトップで、その数約63万人という数字です。

それに続く中国人が約23万人、日本人は約18万人ということを考えると、オージーたちがいかにバリ好きなのかがはっきりしますね。

シンガポール人やマレーシア人はジャカルタ、バリ島以外の地域への訪問者が目に付きますが、これは地理的に近いボルネオ島、スマトラ島、ビンタン島、バタム島などへの訪問者が多いからでしょう。シンガポーリアンにとってビンタン島などは船で行く事のできる定番のリゾート地ですしね。

日本人はジャカルタ、バリ島ともに上から3番目という結果で、ビジネス客・観光客のバランスが取れているという感じでしょうか。

インドネシアへの日本人訪問者数は東南アジア全体で見ると、タイ(112.6万人)、シンガポール(65.6万人)、ベトナム(約48.1万人)に次ぐ4番目ということになります。以下、マレーシア(約38.7万人)、フィリピン(約37.5万人)が僅差で続いています。

スポンサーリンク