ラーメン山頭火、アジアでの出店を拡大

シェア

インドネシア・ジャカルタ中心部にある大型ショッピングセンター、プラザ・インドネシア(Plaza Indonesia)内に北海道ラーメンのラーメン山頭火がオープンしています。

同チェーンの海外店舗はアメリカ、カナダをはじめ、これで計7カ国目となります。

アジア内では2008年1月にシンガポールに出店したのを皮切りに、同年7月に香港、2011年7月にマレーシア・クアラルンプール、そして先月の台湾・台北に次いで5カ国8店舗目です。

山頭火に限らず、香港、シンガポール、タイ、台湾、中国、韓国などでは日本の有名ラーメン店が次々と出店していて、Ramen(らーめん)という言葉もかなり一般的になっていますね。

山頭火の特徴といえば豚骨をベースにした白湯スープですが、マレーシアやインドネシアのように豚食が禁忌されているイスラム教国においてはターゲットが中華系や在住外国人に限られてしまい、上述の国々に比べると難しい面もあると思います。

インドネシア店のメニューを見ると1杯だいたい7~9万ルピアで、現地の物価から考えるとかなりの高額ですが、スタートはまずまず上々だったようです。

同社の計画によると、今年中にフィリピンとタイにも出店する予定があるようで、今後もしばらくは海外店舗拡大が続いていくのではないでしょうか。

名称: Ramen Santouka Indonesia
住所: Plaza Indonesia Level 5 #E11 Jl. M.H. Thamrin Kav 28-30 Jakarta
電話: +62 21 29923832

スポンサーリンク