2012年夏休み期間中の海外旅行人気ランキング

シェア

旅行会社大手のエイチアイエス(H.I.S.)が、今年の夏休み期間中(7月14日~9月30日)における海外旅行予約動向を発表しています。

総合人気渡航先ランキングベスト10にはアジアの都市が7都市ランクインしています。中でもソウル、バンコク、台北はいずれも前年比110%以上の高い伸びを記録し、人気の高さが目に付きます。

順位 渡航先 ホテル
1位 ソウル 韓国 ソウルのホテル
2位 ホノルル アメリカ ハワイのホテル
3位 グアム アメリカ グアムのホテル
4位 バンコク タイ バンコクのホテル
5位 台北 台湾 台北のホテル
6位 香港 香港 香港のホテル
7位 シンガポール シンガポール シンガポールのホテル
8位 バリ島 インドネシア バリ島のホテル
9位 パリ フランス パリのホテル
10位 上海 中国 上海のホテル

ゴールデンウイーク時のデータと比べてみると、人気渡航先に大きな違いはないのですが、全体的にビーチリゾートがより上位にきているのがわかります。

ビーチリゾート編、シティ編、家族旅行など詳細なデータは下記公式アナウンスよりどうぞ。

スポンサーリンク