アジアで暮らす日本人

シェア

先週、外務省から海外在留邦人統計の最新版が発表されています。

3か月以上海外に在留している長期滞在者と永住者が対象で、各在外公館に提出されている在留届を基礎資料としつつ、日系企業や邦人留学生が在籍する大学などにも調査票を配布して、より正確な数をフォローアップしているようです。

データを見てみると、世界全体ではアメリカが397,937人とダントツで多く、次いで中国、オーストラリア、イギリス、カナダ、ブラジル、タイとなっています。永住者を除いた長期滞在者のみの数値だと、アメリカ、中国、タイ、英国の順でした。

アジア各国のデータは以下のようになっています。

海外在留邦人数 アジア編
(出典:外務省 海外在留邦人数調査統計 平成24年速報版)

順位 国・地域 男性(人) 女性(人) 総数(人)
1位 中国 95,096 45,835 140,931
2位 タイ 33,264 16,719 49,983
3位 韓国 11,796 18,586 30,382
4位 シンガポール 13,756 12,276 26,032
5位 台湾 13,498 8,998 22,396
6位 フィリピン 12,364 5,338 17,702
7位 インドネシア 8,047 4,422 12,469
8位 マレーシア 6,140 4,261 10,401
9位 ベトナム 6,456 2,857 9,313
10位 インド 3,566 1,988 5,554
11位 カンボジア 655 546 1,201
12位 パキスタン 427 481 908
13位 スリランカ 489 393 882
14位 ネパール 358 482 840
15位 バングラデシュ 343 324 667
16位 ラオス 318 236 554
17位 ミャンマー 330 213 543
18位 モンゴル 272 187 459
19位 モルディブ 57 139 196
20位 ブータン 90 45 135
21位 ブルネイ 70 59 129
22位 東ティモール 75 44 119

香港は中国のデータに含まれていますが、香港総領事館(マカオを含む)単独の数値だと22,561人となっていて、5位の台湾とほぼ同程度です。

中国からインドまでの上位10カ国のデータでは、男性対女性の比率が2対1ぐらいの国が多いことがわかりますが、例外はシンガポールと韓国で、シンガポールは男女比がほぼ同数、韓国に至っては女性が男性の2倍近い数字になっているのが目に付きます。

アジア以外の国のデータや在外公館毎の数値などの詳細は下記よりどうぞ。

スポンサーリンク