ベトナム航空、10月からホーチミン―ジャカルタ線を開設

シェア

ベトナムの国営航空会社、ベトナム航空は今年10月28日よりホーチミンのタンソンニャット国際空港(SGN)とインドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ国際空港(CGK)とを結ぶ路線に就航することを明らかにしています。

日・火・水・金の週4便体制で、使用機材はエアバスA321-200(ビジネス16席、エコノミー168席)。現在発表されているフライトスケジュールは下記のようになっています。

VN631 ホーチミン発10:40 ジャカルタ着13:40
VN630 ジャカルタ発14:40 ホーチミン着17:40

同路線の直行便は既に、インドネシア・エアアジアが同じく週4便(月・火・木・土)で運航しているので、これが2社目ということになります。

参考までに、以下がインドネシア・エアアジアの時刻表です。

QZ7737 ホーチミン発20:20 ジャカルタ着23:25
QZ7736 ジャカルタ発16:35 ホーチミン着19:40

スポンサーリンク