カンボジア・アンコール航空、2月よりプノンペン―バンコク線に新規就航

シェア

カンボジアの航空会社、カンボジア・アンコール航空(Cambodia Angkor Air)が2月1日よりプノンペン―バンコク線に就航することを明らかにしています。

1日1便のデイリー運航で、使用機材はエアバスA321。現在発表されているフライトスケジュールは下記のようになっています。

K6720 プノンペン発12:15 バンコク着13:20
K6721 バンコク発14:20 プノンペン着15:25

同社のタイ路線は、昨年11月に開設したシェムリアップ―バンコク線(関連記事)に次いで2路線目ということになります。

タイとカンボジアの首都を結ぶこの区間は現在、タイ国際航空タイ・エアアジアバンコクエアウェイズの3社が運航を行なっていて、カンボジア・アンコール航空が4社目ということになります。

同社は、今月1日からプノンペン―ハノイ間にもデイリーで直行便を開設していますし、このところ路線の拡大が目立ちますね。

スポンサーリンク