バンコクのインペリアルクイーンズパークホテル、マリオット傘下に

シェア

インペリアルクイーンズパーク

タイ・バンコク最大級の客室数を誇るホテル、インペリアルクイーンズパークホテル(The Imperial Queen’s Park Hotel)がマリオット系列のホテルとして生まれ変わることが明らかになっています。

マリオットの発表によると、リブランド後はバンコクマリオットホテルクイーンズパーク(Bangkok Marriott Hotel Queen’s Park)という名称になるようで、開業は2016年を予定。

インペリアルクイーンズパークホテルはスクンビット・ソイ22にある総客室数1,250室以上の大型ホテルで、日本からのツアーでも良く利用されているので一度は泊まったことのある人も多いのではないでしょうか。

マリオットは、今年上半期にスクンビット・ソイ57の角にバンコクマリオットホテルスクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)をオープンさせる予定ですし、さらに今回以下のようなタイ国内ホテル計画も発表しています。

新規開業
・リッツカールトンバンコク
・マリオットホテルアンドエグゼクティブアパートメント, バンコク・スリウォン
・JWマリオットパタヤリゾート&スパ
・パタヤマリオットリゾート&スパ, ジョムティエンビーチ
・ホアヒンマリオットリゾート&スパ

リブランド
・インペリアルアダマスプーケットビーチリゾート → プーケットマリオットリゾート&スパ

詳細については、下記公式アナウンスよりどうぞ。

スポンサーリンク