シンガポールのシルクエア、インドネシアのスマランとマカッサルに就航

シェア

シンガポール航空傘下のシルクエアー(SilkAir)は、シンガポール―スマラン及びシンガポール―マカッサルの2路線を開設することを明らかにしています。

スマラン便は7月29日から月・水・金の週3便、マカッサル便は8月1日から火・木・土の週3便で運航を開始。現在発表されているフライトスケジュールは下記の通りです。

シンガポール―スマラン (2013年7月29日就航)
MI102 シンガポール発10:45 スマラン着11:40 
MI101 スマラン発12:30 シンガポール着15:45

シンガポール―マカッサル (2013年8月1日就航)
MI142 シンガポール発08:05 マカッサル着11:15
MI141 マカッサル発12:05 シンガポール着15:00

現在、SIN-SRGはインドネシア・エアアジアが火・木・金・土の週4便を運航していますが、SIN-UPGはこれが唯一の直行便です。

シルクエアのインドネシア便は、バリクパパン、バンドン、ロンボク、マナド、メダン、パレンバン、プカンバル、スラカルタ(ソロ)、スラバヤと合わせ計11路線となります。

スポンサーリンク