イースタン&オリエンタル・エクスプレス、20周年記念でタイ・ラオス間に特別列車を運行

シェア

タイのバンコクとシンガポールを結ぶ豪華列車、イースタン&オリエンタル・エクスプレス(E&O)が今年で運行開始20周年となるのを記念して、10月にタイ・ラオス間に特別列車を運行することを発表しています。

「TALES OF LAOS」と名付けられたこの特別列車の運行日は、2013年10月2日~5日の3泊4日。

1日目、アフタヌーンティーを楽しみつつタイ・バンコクを午後2時に出発。2日目はピマーイ遺跡、カオヤイのワイン園などを訪問。3日目は列車でメコン川を越え、ラオスへ入国。ヴィエンチャンではクラシックホテルのセッタパレスホテル(Settha Palace)でランチ、その後バンコクに向けて帰路という内容。料金は1人35万円(!)からだそうです。

残念ながら自分はこれに乗るほどの余裕はありませんが、あの豪華列車がイサーンの大地をゆったりと走る姿はぜひ見てみたいですね。ただ、10月というとタイの雨季の真っ只中なので、天候が少し心配ですが。

公式プレスリリースは下記になります。

スポンサーリンク