東南アジアからの訪日旅行者、上半期は軒並み過去最高を記録

シェア

昨日、日本政府観光局(JNTO)が今年上半期の訪日外国人旅行者数(推計値)を発表しています。

訪日旅行者歓迎の様子

それによると、東南アジア内では調査対象国全てで前年を上回り、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムの5カ国では上半期として過去最高の数字を記録したそうです。

アジアからの訪日旅行者数ベスト10は以下のようになっています。

2013年上半期訪日外客数推計値(アジアの国・地域のみ抜粋)

順位 国・地域名 訪日旅行者数 前年比
1 韓国 韓国 1,320,200 38.4%
2 台湾 台湾 1,029,700 49.4%
3 中国 中国 536,200 ▼27.0%
4 香港 香港 336,100 43.1%
5 タイ タイ 201,900 52.7%
6 シンガポール シンガポール 83,200 23.4%
7 マレーシア マレーシア 71,500 16.5%
8 インドネシア インドネシア 65,200 50.1%
9 フィリピン フィリピン 56,400 28.2%
10 ベトナム ベトナム 40,100 52.1%

出典: 日本政府観光局(JNTO)

特に増加の目立つタイを例にとって見ると、昨年1年間で日本を訪れたタイ人は約26万人(関連記事)だったものが、今年は上半期だけで既に20万人をオーバーしています。

上記データ外の7月1日からはタイ人に対する観光ビザが免除されたことも考えると、下半期はこの数字がさらに増加し、年間50万人程度まで到達するのではないでしょうか。

ちなみに、昨年タイを訪れた日本人は約130万人だったのですが、タイの人口は日本のおよそ半分、さらに両国の経済格差などを考えると、この50万人というのはかなり驚きの数字だと思います。

スポンサーリンク