タイ・エアアジア、バンコクとタイ東北部コーンケンとを結ぶ路線を再開

シェア

タイ・エアアジア(Thai AirAsia)は、2013年10月28日からバンコク・ドンムアン―コーンケン線を開設することを明らかにしています。

タイ・エアアジアは、数年前までスワンナプーム発着でコーンケン便を運航していた時期があったので、バンコク―コーンケン線は再就航という形ですね。

同社によるタイ東北部の就航都市は、ウドンターニー、ウボンラチャターニー、ナコーンパノムを加えて計4都市となります。

運航は1日2便のダブルデイリーで、現在発表されているフライトスケジュールは下記の通りです。

バンコク→コーンケン
FD3250 バンコク発07:10 コーンケン着08:05
FD3258 バンコク発18:30 コーンケン着19:25

コーンケン→バンコク
FD3251 コーンケン発08:35 バンコク着09:30
FD3259 コーンケン発19:55 バンコク着20:50

コーンケン空港の定期旅客便は、現時点ではタイ国際航空によるバンコク便のみですが、今年中にはノックエアやラオセントラルエアラインの就航も計画されているようです。

スポンサーリンク