カンボジアアンコール航空、12月末より上海線を新規開設

シェア

カンボジアアンコール航空(Cambodia Angkor Air)は、2013年12月26日よりプノンペン及びシェムリアップから上海・浦東への直行便を開設することを発表し、予約受付を開始しています。

同社による中国便は先月就航した広州(関連記事)に次いで2都市目です。

運航は両路線共に週3便で、使用機材はエアバスA321-200(ビジネス16席、エコノミー168席)。現在発表されているフライトスケジュールは下記のようになっています。

プノンペン⇔上海
K6488 プノンペン発17:50 上海着22:40 日・火・木
K6489 上海発07:10 プノンペン着10:40 月・水・金

シェムリアップ⇔上海
K6486 シェムリアップ発00:50 上海着05:35 月・水・金
k6487 上海発23:35 シェムリアップ着03:00(+1) 日・火・木

上記路線はどちらも既に中国東方航空が運航しているほか、シェムリアップ―上海間は格安航空会社の春秋航空も定期便を開設しています。

スポンサーリンク