マリンドエア、タイ・ライオンエアの航空券販売を開始

シェア

マレーシアの格安航空会社マリンドエア(Malindo Air)が、タイ・ライオンエアの航空券の販売を開始しています。

共にインドネシアのLCC、ライオンエアが設立した航空会社なので、両社はいわば兄弟のような関係ですね。

タイ・ライオンエアにはバンコク―チェンマイ、バンコク―クアラルンプール(12月18日就航予定)、バンコク―ジャカルタ(12月18日就航予定)の3路線がありますが、現時点でマリンドエアが取り扱っているのはバンコク―クアラルンプール線のみ。タイ・ライオンエアの公式サイトでは今のところ自社便のみの販売となっています。

一方、本体のライオンエアでは、以前よりマリンドエア、タイ・ライオンエア全線の予約・販売を取り扱っています。

こういった所謂インターライン提携は、利用者側とすれば一度の手続きで両社の航空券を購入できるので歓迎したいところですね。

ドンムアン空港内 タイライオンエアのチケットカウンター
ドンムアン空港に新設されたタイ・ライオンエアのチケットカウンター。

スポンサーリンク