インドネシア・ジャワ島東部の火山噴火により周辺の各空港が一時閉鎖に

シェア

昨夜起こったジャワ島東部のクルト山(クルド山)の噴火で、島内の各空港が火山灰による視界不良のため閉鎖状態となっています。

2月14日夜の時点で閉鎖されているのは以下の7空港。

・スラバヤ ジュアンダ国際空港
・ジョグジャカルタ アジスチプト国際空港
・ソロ(スラカルタ) アディスマルモ国際空港
・スマラン アフマド・ヤニ国際空港
・マラン アブドゥル・ラフマン・サレー空港
・チラチャップ トゥングル・ウルン空港
・バンドン フセイン・サストラネガラ空港

夜になって西部のバンドンにまで影響が及び始めていますが、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港は今のところオープンしているようです。

スラバヤのジュアンダ国際空港は、ちょうど本日からターミナル2の使用を開始(関連記事)する予定でしたが、これも当然延期されています。

今後の降灰の状況次第では、これ以外の空港でも閉鎖措置がとられたり路線がキャンセルされたりする可能性もあるので注意が必要ですね。

今回噴火したクルト山(Mount Kelud)の場所。

より大きな地図で クルト山 (Mount Kelud) を表示

クルト山
(Photo by Kembangraps)

また、エアアジアは本日キャンセルされたフライトについて公式アナウンスを出しています。下記よりどうぞ。

スポンサーリンク